願いが叶う物語

"本当の自分"を表現したい貴方へ。自由な生き方&ビジネス教えます。

『お金のブロック』とかいう"嘘"で、悩んだふりすんなよ。

「お金にブロックがあって・・・」

 

っていう言葉はよく聞くけどね

 

正直、僕は

 

「いや、『お金にブロック』とか"嘘"だから。

 

ただ、プライド握りしめるための言い訳でしょ。」

 

そう思ってる。

 

 -----

 

ここで

  

シンプルな原理を一つ。

 

この世の、人のあらゆる悩み(に思えるもの)は

 

深く深く紐解いていけば、必ず

 

『人間関係』に帰結されるんだ。

 

そもそも、「お金のブロック」ってなんだろう? 

 

どういう場面で、この言葉を使うか?をイメージすると

 

具体的に、正体が見えてくる。

 

例えば

 

『お金のブロック』があって

 

欲しいものを買うことに罪悪感がでるんです

 

『お金のブロック』があって

  

好きなことでお金をもらうことができないんです。

 

『お金にブロック』があって

 

商品の値上げがすることができないんです

 

 

とかね。

 

他にも、ありとあらゆるパターンがあるんだけど

 

結局、すべて突き詰めるとね

 

僕らに問われているのは一点なんだよ

 

「なにもない自分のまま

 

欲しいものを

 

欲しいと言えるかな?

  

見栄もプライドも捨てて

 

頼りたくない人に頼ったり、お願いしたりできるかな?」

 

僕らが、本当に怖いのは

 

「お金がなくなる」ことじゃない

 

お金がなくなって

 

頼りたくなかった人に

 

一番頼りたくなかったことを

 

頼まざるおえない

 

『本音で人と向き合う』のを怖がっているんだ

 

まぁ、いまだに僕だってそうだw

 

僕が、やってるこの事業なんて

 

もう、なんの未来の保証もなくて

 

毎月波あって

 

 

銀行の口座の額なんて、数百万単位で出たり入ったりして 

 

まぁ、ごくたまにビビるわけ。

 

「こんなに、お金を使っちゃって

 

将来、もし稼げなくなった時にどうすんだよ

 

もっと、節制して、今我慢して

  

何かあった時のために

 

備えるべきなんじゃないの?

 

大切な人との生活を守りたいと思ってるんだろ?」

 

大切な人やモノが増えれば増えるほど

 

そんな正論も、心の内から聞こえてくる。

 

『いま』に妥協して、『未来』に備える

 

いや〜、この常識まがいのものが

 

とっても正しいように聞こえてくる

 

でもね

 

いくら頭でわかったふりしたって

 

心がまったくうなづかない。

 

まったくときめかない。

 

本当は、どこまでも僕らは強欲で

 

『いま』か『未来』か?

 

なんて二者択一はしたくなくて

 

『自分』か『誰』か?

 

なんて二者択一はしたくなくて

 

大切なもの全取りしていきたいんだ

 

だからこそ、そのためには

 

いつだって

 

『いま』×『自分』の願いを叶えていくこと

 

ここから始めるしかないんだよ。

 

一番、僕らの命のど真ん中にいる

 

『自分』にエネルギーを集中させていくことよ

 

そして

  

もし、きたる未来

  

自分が怖がっている事態が訪れたとしても

 

それすら覚悟しておくことだよ。

 

あらゆる見栄とプライドを捨てて

 

それでもなお、その最悪の未来でも

  

自分の願いを叶えていくこと

 

欲しいものを、何があっても欲しいと言う。

 

そう決めておくことなんだ。

 

僕も、もし自分の好きな事業で稼げなくなる

 

そんな未来があるのなら

 

そん時は、嫌いな仕事だって、バイトだってなんだってして

 

自分と、自分の家族の幸せのために、生き抜いていく

 

そして、何度だって自分の好きな表現だけで

 

生きていく。

 

その生き方に、チャレンジし続ける。

 

さらに、イメージしてみよう

 

もし、仕事すらできない状態になったなら

 

身体も満足に動かせないような状態になったなら

 

一番、頭を下げたくない自分の親

  

親戚、友人に頭下げて

 

とことん助けてもらう。

 

「どうかお金ください!振込はこちらまで〜」 

 

FBで、そんな発信すら

  

するかもしれない。

 

その全部

 

僕が、いま事業者として掲げてる『美学』とは

 

全く違う行動だけど

 

最悪の状態になったら

 

そんな『美学』すらおいといて

 

自分と自分の家族の願いのために

 

かっこわるく、誰かに助けを求めていこうと決めている。

 

---

 

いつも

 

僕らは理想を描いてしまうから

  

なんだって、自分の意志と力で叶えていくことは、かっこいい。

 

どこまでも凛々しくチャレンジしていく姿は美しい。

 

でもね、僕らはそんなに完璧じゃないからね

 

できないこともいっぱいで

 

心が折れそうになる時もあって

 

誰かに甘えたい寂しい時だってあって

 

そんな自分がちょっといやになるときもあるかもしれない

 

それでもね、どんな時だって

 

「欲しいものを欲しいという」

 

その絶対の自由は

 

いつだって、みんなもっている

 

だからこそ

 

もっと、自分の自由を許してやればいい

 

『お金のブロック』が〜とか

 

悩んだ振りしてないで

 

叶えたい願いがあるのなら

  

あらゆる見栄とプライド捨て去って

 

自分一人の力でやろうとしないで

 

この世界のぜんぶ使っちゃって

 

願いを叶えていけばいい

 

さぁ、目を見開いて

 

この世界は遊び場だ。

 

自由に遊び倒せばいい。

 

◆『お金のブロック』とかいう"嘘"で、悩んだふりすんなよ。

 

僕らなら、大丈夫。

 

大丈夫。