願いが叶う物語

本当の才能に目覚め、自由に輝こう!/Famille.inc CEO 笠松 拓也の"生き様むきだし"blog

【無料公開】「本音を出して!」って言われるの、本当は嫌!〜『6つの気質理論』とは?/水星さんレポート〜

f:id:nekopenguin0705:20180228151115j:plain

 

いきなりですが...あなたはこんな傾向はありませんか?

 

 

  • 「本音を出せ!」「素直になれ」は嫌い。ホントにそれをやっていいとは思えないので。自分のこと分かってないやつの発言だから。
  • 基本的に世界が平和であればいいと思っている。
  • 常にモヤモヤしている。頭の中でなにかしら考えている。
  • 自分だけが損している感が強い。おいしいところをもっていかれる。
  • 考える間は長い。その間は自己と対話している。一点を見つめることが多い。
  • 衝突が起こるなら譲る
  • 感情を「無」にすることもできる。ただ、全体的に調子が落ちるし苦しい。
  • 自分の事はわからない。
  • 普通気づいてくれない部分に気づいてくれて伝えてくれると嬉しい
  • 好きな人、嫌いな人はすぐわかる。
  • 自分のことを後回しにしてでも、人を助けることを優先する。
  • 人に対して、信じたいと思うが、信じてはいない
  • いい距離感が大事。
  • 嫌いになった時、対応は大きく変わらないが、心の距離はとても遠くなる。
  • 明確に断るのは苦手。
  • 基本的に相談はしない

  

本当に本当は...

 

自分のことを好きになりたいのにも関わらず

   

「やっぱり、わたしダメなのかも...」

 

そう自己否定してしまうことはありませんか?

 

そんな、水星さんのあなたにこそ伝えたい!
(水星さんとは?...後ほど説明しますね!)

 

「そんなあなたの性質があるからこそ

 

あなたの本当の才能が光るんです。

 

いまこそ、本当の才能を目覚めさせていきましょう!」

  

なぜ、このメッセージを伝えたいのか?

というのも、過去、僕は冒頭にあげたような特徴をもつ人に対して

 

向き合い、才能を目覚めさせることが...本当に苦手でした!

  

というのも

 

僕は、これまで「本音を生きろ!」と発信してきました。

 

何よりも、僕が大切にしている美学。

 

実際に、お客さんに対しても、まっすぐに本音で向き合ってきた人間です。

 

その、本音の向き合い方がうまく作用する時は

 

多くのお客さんから

「本音を生きる自由と喜びを感じられました!本当に生きることが楽しくなりました。ありがとうございます!」とたくさん感謝されました。

 

でも、一方で、一部うまく作用しなかったケースもありました。

 

その時は、お客さんの方からゆっくりゆるく距離を置かれながら、疎遠になることも...

 

そのゆっくりとした別れを経験するたびに、僕は悩みました。

 

「どうして、このお客さんとうまく関係を育めないんだろう?

   

どうやったら、もっと気持ち良い距離で、力になれるんだろう?」

 

このテーマを繰り返し考えて、自分なりに工夫はしてみるものの

 

やはり、そんなお客さんとの別れを体験するケースはなくならず...

 

それは、半年前まで続いていました

 

そんな中、大きな転機が...

 

「それは水星さんだね!」〜6つの気質理論との出会い〜

 

昨年の10月、10年来のメンターの磯谷 祐介(ゆうすけさん)と再会しました。

 

ふと、僕は、上記の悩みをゆうすけさんに相談してみました。

  

ゆうすけさんは、僕の話をゆっくり聞いてくれた上で、一言...

 

「それは、水星さんへのアプローチが必要だね」

 

拓也「スイセイさん?」

  

「水星さん?」〜『6つの気質理論』とは?〜

 

拓也「スイセイさんて...何ですか?」

 

ゆう「"水星さん"のことでね...【感情】【葛藤】がメインテーマの人のことなんだ。

 

水星の他にも、月、火星、木星、金星、土星さんがいてね

 

合計6つ!

 

実は、人のもっている気質(才能・特性・コミュニケーションパターン)は、この惑星に対応した6つのタイプに分けられるんだ。

 

でね、さっき相談してくれたお客さん

 

多くのケースは【水星】さんの気質をもっていると思うよ!」

 

拓也「なるほど...6つの気質...めっちゃ面白そうですね!!ぜひ、きかせてください!」

 

そこから、僕はゆうすけさんに

 

6つの気質についてくわしいレクチャーをしてもらいました。

 

特に、【水星】さんについては、何度も何度も聞きました。

 

そして、レクチャーを通じて一つ一つの気質を理解していくたびに

 

僕がこれまで出会ったお客さんの顔が浮かび

 

「なるほど!あの人は火星さんだから、ビジョンが大切だったのか!」という発見や

 

「あ〜あの人は水星さんだから、あの距離感の詰め方がずれていたのか...」という反省が

 

次々と湧いてきて、もうテンションMAX!

 

たくや「この理論は、才能を輝かせるために必須です!そして、すれ違う人間関係の救いになりますね!」

 

もう、こんな勢い! 

 

そして、もうこのレクチャーを受けたら、僕の人生も劇的に変わり始めました。

 

特に、これまでコミュニケーションに悩んでいた【水星さん】の人との向き合い方が、がらっと変わりました。

 

これまでのように、真っ正面から炎のようにぶつかるのではなく、す〜と染み渡らせるような共感・浸透していくような向き合い方へ

 

使う言葉も意識して変えていくと、これまでくすぶっていた【水星さん】タイプのお客さんが、次々と輝き始めました。

 

これまで、ゆっくりとお別れに向かうしかなかった【水星さん】と、今では継続コンサルでなが〜く付き合えるくらい♪

 

それも、この気質理論との出会いがあったからでした。

 

僕も、この実体験があったからこそ、6つの気質理論の研究・開発に乗り出して、これからはこれをメインの事業としてすすめていこうとしています!

 

ということで、今日は、最後に!

 

これまで、のべ数百人のプロファイリングを通じて、明らかになってきた

 

【水星】さんの気質・トリセツを、無料で全公開でプレゼント!

 

まだ、研究途中の仮説ではあるけれど、大いに役立つコンテンツになってます!!

 

ぜひ活かしていってくださいね!!!!

 

〜このトリセツが参考になったら、ぜひシェアしてくださいね〜!!〜

 

水星気質レポート

水星さんとは……

感情の安定が大きな判断基準。

人との関わりが大切。だからこそ、一人の時間も大切。

・基本優しく、繊細、気遣いができる。

非言語コミュニケーションが多い。

目に見えないものを大切にしているので、他気質に理解されにくい。

 

①基本的な特徴(大事にしていること・こだわり・考え方等)

■基本的な考え方

・感情に敏感。感情が安定する方向を好む。

・人の感情を読み取ることができる。

・話があまりポジティブな方向にいかない

・自分と他人がはっきりしている。

・基本的に世界が平和であればいいと思っている(感情が平和になるので)。

・常にモヤモヤしている。頭の中でなにかしら考えている。

表現力が豊か。

・感情に素直になった時のアドリブ力が高い。

自分だけが損している感が強い。おいしいところをもっていかれる。

・考える間は長い。その間は自己と対話している。一点を見つめることが多い。

・恋愛は大切。恋愛の話を聴くことは盛り上がる。厳密には人との関わりが大切。

自分で解決してきているものが多い。

・衝突が起こるなら譲る。

・感情を「無」にすることもできる。ただ、全体的に調子が落ちるし苦しい(会社員で多いパターン)。

・自分の事はわからない。

自己評価と外側の評価のギャップが激しい(自分のすべてを出してはいけないと思っている)。

・外側からの評価は出していない自分が加味されていないことを知っているので、信じていない。

 

■嘘についての考え方

・人を傷つけないための嘘はOK。

・時に、自分が変わることで、嘘を本当にしてしまう。でも、自分の本心とずれて苦しいこともある。

・嘘を貫き通す時ほど、冷静。

 

②プラスの感情(好きなこと・嬉しいこと)

・応援している時

・助けることができた時

・感情を適切に出せている時

  

■好きな褒められ方

・細かい行動を具体的に褒める。

・普通気づいてくれない部分に気づいてくれて伝えてくれると嬉しい。

・自分と同等レベルで褒めてくれないと受け取れない。

 

■大切な場所

・スポーツ、表現活動、ゲームなどで感情を公式に出せる場所が大事。

・ルールの中でいじめたい。負の感情をも+に使うことができる。

 

③マイナスの感情(嫌いなこと・辛いこと)

・言いたい事が言えないと悩んだり後悔したりする。

・頑張りすぎた時はツライ。

建前の空間(飲み会など)が嫌い

環境変化が怖い

・自己紹介は嫌い。

・ブチ切れたら人をころせるレベルの感情。

 

④対人関係(コミュニケーション方法等)

・色んなタイプの友達がいる。

・好きな人、嫌いな人はすぐわかる。

・自分から連絡をすることは少ないが、相手からよく連絡がくる。

・自分のことを後回しにしてでも、人を助けることを優先する。

・人に対して、信じたいと思うが、信じてはいない

・いい距離感が大事。

・非言語コミュニケーションが多い(アイコンタクト、笑い合う、触れるなど)。

本音を我慢することが多い。

・嫌いになった時、対応は大きく変わらないが、心の距離はとても遠くなる。傷つけずに離れるため。ただし、伝わっていないことも多い。明確に断るのは苦手。

・基本的に相談はしない

⇒本当の意味でわかってもらえるとは思っていない。決めつけられるのは嫌。自分で解決したい。相手に負の影響を与えたくない。

察して欲しい

・踏み込まれると壊れるので、放っておいて欲しい。でも、忘れないで欲しい。

・水星さん同士は合うが結婚はお互い引っ張り合ってしまうことがある。共依存。

本当に相性がいいのは、尖り切った火星さん。火星さんを尖らせていくとお互いハッピー。

・人に迷惑をかけたくない。落ち込んでもそう見せないようにはするが、出てしまうこともある。

⇒人の落ち込みは気付く。それを見るとツライので、同じことを相手にしたくない思い。

・怒られた時は、内心傷ついているが、平気感を出す。逆に怒られるパターンがある。

・自分のすべてを一人の人にさらけだすのは怖いので、複数人に分散して自分を出すイメージで対応する。

 

■好き

・自然な心遣いができる人。

・ちょっと疲れている状態の時に、助けてくれる人。

・細かいケアをさりげなくするので、そこを気づいてフォローしてくれる人(あとで一言いうとか)。

・頑張っていて、それをアピールしない人は応援したくなる。

 

■嫌い

・「本音を出せ!」「素直になれ」は嫌い。ホントにそれをやっていいとは思えないので。自分のこと分かってないやつの発言だから。

・「何かあったら頼ってね」等の言葉も嫌い。薄っぺらい。

・都合よく使ってくる奴は嫌い。

・気を遣うことに長けているので、それがみんなできると思っている。やらない人は嫌い。

・世界の平和を乱す人は大嫌い(自己中、クレーマー、ぐいぐい来る人)

 

■会話関係

・緊張すると声が細くなる。

・相手の為に(相手が嫌な気持ちにならないように)、リアクションは大きくとる。頻繁にとる。

・相手が落ち込んでいる時に話を聴いてあげたくなる。

・「大丈夫?」は口癖。

・相手が自然と話して、発散してくれることが多い。

・特に人を応援している時は、素直な感情を表現するのがうまい。

 

⑤燻るパターンと解決法

▼燻りパターン

・自己否定のループに陥る。

・逆に相手を助けまくることで、自分の存在意義を確認。

・不意に深いところを出させてはいけない。うかつに出すと自己否定のループ。

 

▼解決方法

・籠って自己対話、感情を出す。

時間をかけると少し慣れる。

・燻り切れば勝手にスイッチ入る。

内省が大切。

 

⑥組織の中での役割・ポジション

・立ち位置を感じ取って、平和になる為に必要なポジションに入る。

・水星さんの評価システムがない。感情ベースで評価するシステムがあるとよい。

・後輩指導は上手。

・メンター部門等に向いている。

 

⑦例えると

うさぎ。(繊細だが、寂しいと死んじゃう。)

 

以上

 

 

これから、随時研究レポートはシェアしていきますね!

 

〜このトリセツが参考になったら、ぜひシェアしてくださいね〜!〜

〜感想など、FB,LINE@でお待ちしています!〜

 

===================

P.S 

「本当の才能を目覚めさせる!」こちらの記事も、あわせて読んでくださいね^^

 

blog.nekopenguin.com